タペストリーの歴史|タペストリーの特注(オリジナル)製作・販売・アニメキャラのデザイン印刷なら激安販売の専門工場にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-8989-56
  • お見積りフォーム お気軽にお問い合わせください
  • お電話
  • お問合せ
  • お見積り

タペストリーの

タペストリーの歴史は、14世紀初頭に始まったと考えられます。
しかし、その起源と言う事であれば、もっと遥か昔、紀元前14世紀から紀元前15世紀ごろにまで遡るとされ、もしかしたら、それ以前からも存在していた可能性を感じさせます。

タペストリーの成り立ち

テトロントロマット生地イメージ

確認されている範囲では、紀元前14世紀頃に実在した古代エジプトの王、トトメス3世の墓から出土した麻製の綴織が最古のものとされています。
この王は、第18王朝の王である事からもそれ以前から、タペストリーやフラッグの様な物が製作され、人々に親しまれていたと推測されます。もしくは特注品として、王様への貢ぎ品として作成されていたと考えられます。
そしてそうした歴史を辿り、紀元前3世紀ごろから始まるヘレニズム時代には、オリジナルタペストリーや名入れフラッグも商品の一部として貿易も行われていた様で、中国の西部にあるタリム盆地からはギリシャ風の綴織の生地片が出土しています。

タペストリーの確立

サテン・スエード生地イメージ

タペストリーとして、きちんとその歴史を確立し始めたのが14世紀初頭だとされ、ドイツやフランス、ベルギー、オランダ、そしてスイスとヨーロッパの中心国から発展していった物でした。
中でも、フランス北部のアスラはその後のタペストリー制作にも大きな影響を与え、一時は、上質な綴織の代名詞としてその名が使われていたほどでした。
その後、フランス、ベルギー、オランダと三国にまたがるフランドル地方を中心に、その生産技術を発展向上させ、最盛期を迎えます。そして、今でも多くの人々に親しまれている織物となっています。
この様な歴史の遍歴を辿るタペストリーやフラッグは、現在、当店の様な通販専門店をご利用頂く事で格安なお値段でオリジナルな一枚を制作して頂けます。
時には、インテリアとして、もしくは贈答用としてなど、様々な場面で重宝されています。こうした色鮮やかなプリントや印刷を施した、特注オーダータペストリーの製作販売を激安特価で承ります。

電話・メールなどのお問い合わせや、無料お見積りはこちらから!

トップへ
戻る